ねこに画板

<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
CATEGORIES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - |
ひさしぶりな初対面

   ぶっ飛ビナ
       
やはり、「夕食のおかず」や「友達とのランチ」についてアップすることもなく月日は過ぎてゆき、
今日は何年ぶりだかの金冠日食だというので、私も久方ぶりに更新です。いっちに、いっちに♪ ←行進

ちなみにその金冠日食、近所はオトナしか住んでない界隈なので、外に出て見るのも
こっ恥ずかしく、もちろん専用グラスなんぞ買っているわけもなく、
まるで玄関先に訪問販売の人が来た時のように、ちょっとだけドア開けて太陽チラ見。
うわっ、裸眼やっぱ無理!・・・と、パタンとドア閉めた後、残像の太陽が欠けてました。
その後、日食より朝食、とモグモグしている頃、日がさしているのに夜みたいな不気味な空に。
その日は朝から夜だった。生まれたばかりの婆ちゃんが・・・」のフレーズが頭をよぎった頃に
どっかでワーワー歓声があがってました。

どうも理科的なこと全般が苦手、キライなわけではないけれど、スーっと頭を素通りしてゆきます。
花も 「きれい〜♪」 と人並みに思うけれど、名前がどうしても定着せず。
ラジオでアズミさんが「あのハトが成っている木、あれは木蓮というのですね」と言っていたのを聞いて
「そうか、あのティッシュの木がモクレンなのか」と理解したのもここ数年の話。

ついでに「日本史」、これがまた理科と競うようにして頭の中から抜け去ってった分野。
「織田信長」「豊臣秀吉」「徳川家康」・・・みんな学生時代に何度か会ったハズなのだけど、
目にも止まらぬ猛ダッシュで通りすぎてきました。いや、馬乗ってたかな。
が去年、頑張って生まれて初めて大河ドラマを1年見続けたおかげで、
40過ぎてやっとそれぞれに自己紹介してもらい、ふーん、なかなか興味深い人ばかりじゃない、
さすが歴史上の人物!・・・と感心している次第です。

てなわけで、今年も大河を続けてるけど、もっちろん「平清盛」も初対面。
ホコリっぽくゴミゴミした場面と、瑞々しく静けさが漂う場面とのコントラスはとても芸術的で美しく、
なんといっても音楽が、生きてる作曲家の中では一番好きな吉松隆。
視聴率は悪いらしいけど、この音楽と映像だけで、充分に見る価値ありです。
・・・が、実は「朝廷の人々」がややこしく、オハグロな彼らは頭の中を軽快なスキップで去ってゆく・・・

ともあれ、かつてチラ見しただけのものを振り返ることが増えた昨今、腰を据えて、
専用グラスを買って、ちゃんと観察するのもいいかなぁ・・・と思う人生後半でした。

んなことより個展の準備せねば・・・
VIVA!自分 | 01:00 | - | - | - |
スポンサーサイト
- | 01:00 | - | - | - |

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.